クレンジング/美肌と化粧品

クレンジング

ファンデーションを使ったあとは、洗顔の前にクレンジングをする、いわゆるダブル洗顔の必要があります。
メイクアップ化粧品は油性なので、水になじまず普通の洗顔では落ちません。
クレンジングには、化粧品をなじませるための油分と、水になじませるための界面活性剤が配合されています。

 

クレンジングの選び方

拭き取りシートタイプ
肌への刺激が強いため、避けた方が無難です。
シートをカビさせないための防カビ剤や防腐剤、また強いアルコールが入っていることがほとんどです。
どうしても簡単に落とさなければならない時だけにしましょう。

 

オイルクレンジング
オイルは汚れを落とす力が非常に強く、人気のようですが、これは油分を多く含み化粧品とよくなじむからです。
油分が多いということは、水になじませる界面活性剤も多く配合されているということになり、肌を傷めやすいということがいえます。
また液状なので、肌になじませる時についこすって肌を傷めがちです。
洗浄力の強いオイルクレンジングを長期に渡り使用すると、バリア機能の低下により敏感肌になる恐れがあります。

 

クリームタイプ
洗い流せるクリームタイプは、油分も水分も多すぎず少なすぎず、界面活性剤の量も適度だといえます。
メイクが軽めの人は、水性ジェルタイプもいいでしょう。

 

基本のクレンジング法

クレンジングはたっぷり使って、肌に触れる時間をできるだけ短くすることを心がけましょう。

 

手であたためる
体温に近くなった状態で使用すると顔になじみやすくなります。
クレンジングには界面活性剤が入っていて、あまり長い時間クレンジングが肌についていると肌荒れの原因にもなるので、短時間で終わらせるのがポイントです。

 

やさしくなじませる
指の腹を肌の上に軽く滑らせて、やさしく肌をさするようにしましょう。
肌を強くこすることは厳禁です。
顔の中でも皮膚が強い部分から先にのばしていき、最後に皮膚が薄く弱い部分になじませます。
クレンジングを指の腹の部分でとり、まずは額や鼻などのTゾーンに伸ばします。
次に頬やあごなどのUゾーンに、最後に皮膚の弱い目元や口元に伸ばします。

 

すすぐ
よくなじんできたら、ぬるま湯ですすぎましょう。
乾燥肌や敏感肌の人は、水に近いぬるま湯で流すようにしましょう。
ベタつきが気になったり、マスカラなどが多少残っていたりしても、このあと洗顔をするので短時間で終わらせましょう。