たるみ/肌トラブルの種類

たるみ

顔には、40種類以上ある「[表情筋」と呼ばれる、顔の様々な表情を作る筋肉があります。
その表情筋は、皮下脂肪と皮膚によってハリを保っていますが、30代になると「コラーゲン」や「エラスチン」などの減少によってハリがなくなると、表情筋の支えがなくなってしまってたるんでしまいます。
また、皮下組織の成分が減り、保水機能が衰えるとたるみが起こります。
その他、個々の肌質や顔立ち、更には日常生活の何気ない仕草や表情から、たるみを引き起こしているがことあります。

 

乾燥
乾燥して角質の水分が失われた状態は、たるみを作る原因となります。

 

紫外線
紫外線の刺激を受けると、皮膚表面の乾燥が著しくなり、その影響は真皮層にまで達します。
紫外線は、真皮にあるコラーゲン線維を固くする作用があります。
コラーゲンを分解する酵素に作用するため、コラーゲンが減少してしまうのです。
真皮の成分であるコラーゲンやエラスチン線維は、切れ切れになってしまい、真皮に凹凸や溝が出来た部分が、結果的にたるみとなってあらわれるのです。

 

加齢
女性ホルモンのうち卵胞ホルモンは、皮膚の弾力を支えるコラーゲンの生成に作用しています。
女性の体がふっくらとしているのは、この卵胞ホルモンのはたらきによるのです。
ところが、40代に入ると徐々に卵巣機能が衰えてき、更年期には卵胞ホルモンの分泌量が急激に減るために、コラーゲンの生成も減り、弾力が失われてたるみができます。
30代のうちに行うアンチエイジング゙を視野に入れたケアが、40代以降の美肌に左右します。

 

たるみの種類

たるみ毛穴
初期のたるみは、頬などの毛穴の開きから現れます。
若い頃は、コラーゲンが真皮層にぎっしり詰まっている為に、毛穴を支えています。
年を重ねると次第にゆるんで、毛穴が開いてしまいます。
この毛穴によるたるみが繋がるようにして、しわが出来ます。

 

目もと・涙袋
涙袋は、眼球のまわりにある脂肪を支える下まぶたの皮膚のたるみです。
目を保護するために、眼球のまわりには眼窩脂肪があるのですが、これを支える下まぶたの皮膚がたるみふくらんで見えるようになります。
これが進行すると、ポケットのようになり「涙袋」と呼ばれます。
目の下に出来るクマは、たるみが原因となって出来ているものもあります。

 

目もとの老化は、人によって現われ方が違います。
目の上や上まぶたにたるみが現われ、まぶたが垂れ下がってくるタイプもいます。
額や頭部からの老化によるたるみが影響していたり、目を酷使するために目もと全体がたるむ場合もあります。

 

法令線
頬の厚い脂肪が、老化した皮膚では支える事が出来ずに下がってくる状態のことで、口の両側がブルドッグのようにたるみ、ひどくなるとしわが出来ます。
そのしわを法令線と呼びます。
このしわは、完璧にたるみからくるもので、無表情でいても消える事はないし、他のしわよりも非常に深い為に改善は難しいです。

 

二重あご
二重あごは、フェイスラインのたるみです。
頬からあごにかけては、一番脂肪が厚い部分ですが、皮膚が支えきれずに下がってくる状態です。