シミ/肌トラブルの種類

シミ

シミとは、表皮にメラニン色素が過剰にたまった状態です。
シミの原因の一番は、紫外線です。
その他、肝臓や卵巣の働きの低下、精神的動揺やストレス、生理前や妊娠中、ピル服用中などにより、女性ホルモンがメラノサイトを刺激して、シミを濃くしたりします。

 

対策とスキンケア

シミを作らない為には、日焼けをしないのが一番です。
紫外線を防ぐファンデーションや、下地クリームを小まめに使い、ビタミンCを主成分としたホワイトニング化粧品をつけてメラニンの生産を抑え、紫外線による光老化を予防しましょう。
できてしまったシミは、皮膚科で治療を受けると、完全には消せなくても薄く目立たなくすることができます。

 

シミの種類

老人性色素斑
境目がはっきりした円形のシミで、だんだん色素が濃くなります。
シミで悩む人の大半が、この老人性色素斑です。
20代から30代で悩み始める人が多く、日焼けや生活習慣が原因でなる場合がほとんどです。

 

炎症性色素沈着
かゆみや赤い炎症を起こした部分に出来るシミです。
かぶれやニキビ、火傷、かみそり負けなど、化粧品や日常でふれたりするタオルやブラシ、枕などからでも長期間肌を強くこする事で生じます。
皮膚科で診察してもらう方がいいでしょう。

 

発疹後色素沈着
肌荒れが治ったあとに出来るシミで、肌荒れを繰り返さなければ徐々に薄くなります。

 

光線性花弁状色素斑
海などで日焼けした際に、出来ます。
皮がめくれたり、水ぶくれが出来たりする程の日焼けをした時に起こる、まだらで小さな濃い色のシミです。

 

脂漏性角化症
顔や、頭皮の皮脂分泌がさかんな場所に多く出来る、老人性色素斑の皮膚が盛り上がってしまったもので、イボのようにみえます。
年齢に関係なく、皮膚の老化が進むと現れます。

 

肝斑
比較的、均一にみえる茶色いシミです。
日本人の皮膚は肝斑ができやすく、皮膚の色が浅黒い人ほど、できやすいといわれています。
初めは頬骨や鼻の下、額に出来る事が多く、左右対称に広がっていきます。
30〜40歳代の年齢層の女性に多いといわれ、妊娠によって発生したり、経口避妊薬(ピル)によって引き起こされる場合もあり、その原因は、女性ホルモンのバランスなどに関係があるとされています。
特に、卵胞ホルモンと黄体ホルモンとの関連が指摘されています。
肝斑は普通のシミと違うので、専門医で診てもらうのが一番です。

 

そばかす
そばかすは、日光の当たりやすい場所にできる、小豆大の淡褐色の炎症症状のない色素斑です。
小さな点状のシミが、鼻を中心に左右対称に広がります。
多くは遺伝のため、親や祖父母などの家族にそばかすがある場合は、化粧品などの効果があまりありません。
おもに思春期くらいから目立ち始めます。