紫外線とメラニン/肌トラブルの種類

紫外線とメラニン

紫外線には、UV-AとUV-Bとがあり、UV-Aは肌細胞を老化、シミをつくり、そばかすを黒くし、乾燥、シワ、たるみの原因になります。
UV-Bは、日焼け(炎症)をおこし、シミやそばかすをつくり、乾燥の原因になります。
肌の役割は、いろいろな刺激を体内に入れないように保護することで、紫外線を浴びてしまうと体内への侵入を防ごうとして、メラニンが大量につくられてしまいます。
つまり肌が黒くなるというのは、体が持っている防御反応です。

 

表皮層は28日周期で生まれ変わり、真皮層はハリや弾力のもとになっています。
この生まれ変わりの周期を、「ターンオーバー」といいます。
メラニンはメラノサイト(色素母細胞)という皮膚組織で、チロシンを出発原料として生成されます。
チロシンはチロシナーゼ等の酵素により、数段階の化学変化を経てメラニンになります。
表皮層の一番下にメラノサイトが並んでいて、紫外線やストレスなどの様々な刺激で、メラノサイトの動きが活発になり、メラニンが大量につくり出されます。

 

メラノサイトでできたメラニンは、周りの表皮細胞へ受け渡されていき、ターンオーバーによって角質層まで押し上げられます。
この時、黒や褐色だったメラニンの色は、少しずつ薄くなり角質層では無色になっています。