真皮と皮下組織/肌の基礎知識

真皮と皮下組織

皮下組織は、皮膚3層構造の最も内側にある層で、大部分が皮下脂肪でできています。
体温を保ち、外部からの衝撃を和らげる役割があり、表皮と真皮が効率良く働けるように支えています。
真皮と繋がる力を持っていて、若い頃はしっかりと固定されているのですが、加齢と共にその力が衰えると皮下組織は下へ垂れ下がってしまいます。
真皮は、表皮と皮下組織に挟まれた皮膚3層構造の中間の部分にあたり、皮膚を形作る中心的な役割を果たしています。
主成分は、コラーゲンという膠原繊維のかたまりです。
コラーゲンの隙間には、エラスチンという弾力繊維が細く張りめぐらされ、コラーゲン繊維を束ねて皮膚全体の強度を高めています。
さらにヒアルロン酸に代表される、ムコ多糖類が存在しており、それらが大量の水を保持することにより、肌全体の弾力向上とハリの保持に寄与しています。
また、血管をはじめとする重要組織を保護する役割を担っており、皮膚全体の栄養・酸素補給や老廃物運搬などを円滑化します。