無添加化粧品/化粧品の基礎知識

無添加化粧品

無添加化粧品とは、旧厚生省が指定した表示指定成分102種類の成分を、配合していない化粧品のことをいいます。
無添加化粧品という言葉自体とても曖昧な表現であり、正確には「表示指定成分無添加化粧品」、もっと正確に言えば2001年から全成分表示制度がスタートしたので、「旧表示指定成分無添加化粧品」というのが正しいということになります。
原料メーカーが、原料として加工した段階で入れた指定成分は表示義務がないので、有害成分が入っていても化粧品メーカーは、「無添加」と表示することが許されています。
ですから、無添加化粧品=安全と考えてしまうのは、ちょっと危険です。
無添加化粧品の中にも、アレルギーの可能性のある成分や防腐剤などを使う場合もあります。