洗顔/美肌と化粧品

洗顔

洗顔の目的は、クレンジングの油分や肌に悪い界面活性剤、肌のアカ(古い角質)や余分な脂分・汚れ、汗やホコリを洗い流すことです。
クレンジング゙剤やメイク汚れが肌に残っていると、様々な肌トラブルの原因になるのでしっかり洗い流すことが大切です。
よく汚れを落とし尚且つ肌に刺激を与えたり、悪影響を与えたりしないようなものを選ぶ必要があります。

 

洗顔料の選び方

保湿タイプの洗顔料
ほぼ全部、すすいだ時の水で流されてしまいます。
保湿成分は、洗顔後の化粧水やエッセンスなどで補えばよいのです。

 

クリームタイプの洗顔料
潤いを守りお肌に優しいイメージがありますが、多くの場合そのしっとり感をだすために沢山の油分が含まれています。
洗顔は肌の脂汚れを落とすためにするものなので、汚れを落とす力を優先に考えて選ぶようにしましょう。

 

弱酸性の洗顔料
本来の肌は弱酸性だから、同じ弱酸性で洗ってあげることが肌にやさしいというものです。
しかし肌の汚れは、アルカリ性のほうが落ちるのです。
酸性になるほど、汚れは落ちにくく洗浄力は弱くなります。
洗浄力を補うために、合成界面活性剤が多く含まれている商品もあるとのこと…。
もちろん合成界面活性剤無配合の弱酸性洗顔料もありますが、洗い流すときの水道水が中性なので、流した後の肌は中性になる確率が高いので、あまり弱酸性にこだわる必要はありません。

 

ほどよい洗浄力の洗顔料
理想の洗顔料とはどのようなものでしょうか?。
「余分な油分を含まないもの」で、「洗顔後のつっぱりができるだけ少ないもの」が理想の洗顔料といえます。
個々の肌質にもよるので、固形石鹸が良いとかパウダータイプが良いとかは断言できませんが、洗顔料も洋服と同じ!自分に合ったものを探して下さい。

 

基本の洗顔方法

洗顔は朝晩、各1回はするようにしましょう。

 

手を洗う
まず手を洗います。
洗顔の前にクレンジングをしない場合は、一度水に近いぬるま湯で顔を濡らすようにしましょう。
クレンジングをした場合は、すすぎのあとの濡れた状態からはじめます。

 

洗顔料を泡立てる
洗顔料を、手のひらでしっかり充分に泡立てましょう。
洗顔料は、肌に乗せるだけで汚れを浮き上がらせるので、洗う時に手でゴシゴシ洗わないために、しっかりと泡立てることが大切です。
うまく泡立てられない場合は、泡立てネットを利用しましょう。

 

肌に乗せてなじませる
泡立てたら指を伸ばした状態で、できるだけ手のひらを使って顔につけていきます。
手のひらと顔の間に泡があることを感じながら、優しくマッサージするように洗いましょう。
皮膚の強い額や鼻などのTゾーンに、泡を乗せてなじませていきます。
小鼻だけは指を使いますが、ゴシゴシ洗わないように気をつけて下さい。
次に、頬やあごなどのUゾーンです。
最後に、最も皮膚の弱い目元や口元に、泡を乗せてなじませます。

 

すすぐ
20回ほど水に近いぬるま湯で、しっかりていねいにすすぎましょう。
生え際などに、すすぎ残しがないように確認しましょう。
しっかりすすいだら、清潔なタオルで軽く押さえるようにして水分をとります。
ふいたり、こすったりしないで下さい。